矢巾町
希望と誇りと活力にあふれ 躍動するまち やはば
 
矢巾町長
高橋 昌造
所在地
〒028-3692
岩手県紫波郡矢巾町大字南矢幅13-123
TEL
(019)697-2111 
FAX
(019)697-3700
URL
http://www.town.yahaba.iwate.jp/
 

■町 章■
昭和32年9月制定。「矢」と「巾」を図案化し、三村合併による安定と遠心的なひろがりをイメージしたもので、本町の平和と躍進を表現している。
■人 口■ 27,367人
■世帯数■ 10,235世帯
■面 積■ 67.32平方キロ(平成30 年2 月1日現在)

 

 矢巾町の人口は約28,000人、国勢調査では人口、世帯数とも微増を続けております。全国的に人口減少が進む中、生産年齢人口が6割を超え、若い世代の多い元気なまちとして、希望と誇りと活力にあふれ、躍動するまちづくりを進めています。
岩手県のほぼ中央に位置し、県庁所在地である盛岡市の南に隣接する矢巾町は、東に母なる北上川が流れ、西に町のシンボルである南昌山をはじめとする奥羽山脈の山々が連なる自然豊かな町です。北上平野の沃野を活用した田園地帯が広がる一方で、県都盛岡市に隣接し、国道4号や東北縦貫自動車道が南北に走る交通の利便性から、商工業の発展も著しく、農・商・工のバランスのとれた発展を目指しています。
町の中心部に位置する矢巾スマートインターチェンジは、町内どこからでも車で12分以内、岩手流通センターからは5分以内と抜群のアクセスのよさを誇ります。さらに、16.5mセミトレーラー対応で終日利用可能と、通常のインターチェンジと同等の利便性を持つことから、物流のさらなる活性化が期待されています。
教育機関も充実しており、岩手県産業技術短期大学校では高度な専門教育が行われ、卒業生は県内外で広く活躍しています。また、岩手医科大学矢巾キャンパスが平成19年4月に開校し、薬学部の新設に加えて医学部及び歯学部が移転することにより、医療系総合大学として地域の医療を支える人材育成が行われています。平成31年9月に開院を予定している医大附属病院の敷地内には、県立療育センターと盛岡となん支援学校が本年移転・開所しており、病院機能との連携による医療・福祉・教育の充実が見込まれています。
緑豊かな南昌山自然公園は、本町のシンボルである南昌山の麓に広がり、新緑から紅葉まで四季折々の姿を見せてくれます。その中にある矢巾温泉郷は、町民の保養の場であるとともに、ふれあいの場として幅広い年代に利用されています。

【観光】
城内山展望台、旧稲荷街道松並木、幣懸(ぬさかけ)の滝、南昌山、煙山ひまわりパーク
【スポーツ・文化施設】
ゲートボール場、ペタンク場、総合グラウンド、町営キャンプ場、町営射撃場、広宮沢公園(野球場・テニスコート)、徳丹城跡・矢巾町歴史民俗資料館、南部曲り家、田園ホール
【イベントガイド】
徳丹城春まつり(4 月28 日)、南昌山山開き(6 月3 日)、矢巾町夏まつり(7 月15 日)、矢巾町ロードレース大会(9 月30 日)、矢巾町秋まつり(10 月20〜21 日)、スミつけ祭り(平成31 年2 月2日)、山の日イベント(8月11日)
【温泉】
矢巾温泉
【工業団地】
下田工業団地( 約12.6ha)、西部工業団地( 約22.5ha)、ウエストヒルズ広宮沢(約40.1ha)
【町営住宅】
242 戸